引越し 費用 目安

引越し費用の目安を簡単に調べる方法

引越し 価格 目安

引越し 料金 目安

引越し 費用 目安

引越し 安い 目安

引越し 比較 目安

 

引越しの費用がどのくらいかかるのか知りたいと思いませんか?

 

引越し費用=荷物の量+引越し距離+オプションの有無
さらには物件の階数やエレベータの有無などによっても引越し費用が変わってくるのです。

 

ということは、実際に見積もりを取ってみないと詳しい費用はわからないということなのです。
しかも、見積もってもらった費用が安いのか高いのかを判断するには複数の引越し業者から見積もりを取って比較するしか方法がないのです。
費用の目安がわからないと、安心して契約できないですものね。

 

でも、何度も何度も引越し業者に連絡して見積もりを取ってもらわなければならないのでしょうか?昔はそうでしたが、今は違います。
今は引越し業者一括見積もりがあります。
1度あなたの引越しの情報を入力するだけで、最大10社から簡単に見積もりを取ることができます。

 

引越し 費用 目安

 

引越し業者一括見積もりに参加しているのは、大手から地元の小さな引越し業者まで200社以上あります。
この中からお住いの地域に対応できる引越し業者を自動的に選んで見積もりを取ることができるのです。

 

気をつけることは荷物を実際よりも少なくかかないことです。
引越し料金は安くなりますが、当日用意されたトラックに入りきらない、追加料金が発生するなどのトラブルの原因になりますので、荷物の量は正直に記入してくださいね。
もし、荷造りしていて思ったよりも荷物が増えた時は早めに連絡すれは大丈夫です。

 

簡単で便利なうえに、利用料無料の引越し業者一括見積もり。
ぜひご活用くださいね。

 

 

引っ越しの時期と費用相場

 

引越し費用目安

 

引越しにはとても忙しい時期があり、この時期を繁忙期といいその他を通常期と言います。
繁忙期は3月前後で、この時期は新大学生や新社会人、人事異動で転勤するサラリーマンととにかく人が一斉に動く時期なのです。

 

当然引越し業者も繁忙期は大忙しなので、スタッフを増やして迎えるのですが到底及びません。
ですからこの時期の引越し費用が通常期よりも高めに設定されていますし、割引もあまり期待できません。
そんな中でも少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、できるだけ早めに引っ越しの準備することをお勧めします。

 

新居の住所が決まったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取りましょう。こんな時に一括見積もりが便利です。
繁忙期といえど、引っ越しの価格はどこの会社も一律同じという訳ではありません。

 

早めに見積もりを申し込めばそれだけ多くの引越し業者からの返事がもらえますが、これが引っ越しギリギリになればなるほど1社減り、2社減りと最後にはとうとう1社も来ないという事態もあり得るのです。

 

これは繁忙期には限ったことではありません。
引っ越しは新居の住所が決まったらできるだけ早めに見積もりを取って、業者をおさえておきましょう。
時は金なりなのです。

 

 

引っ越しにかかる初期費用

 

引越し費用目安

 

引っ越しはお金がかかりますが、中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
ほかにもどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用など

 

 


敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修理するための費用で入居前に管理会社に預けるという形です。

 

・礼金は大家さんに支払われる礼金で昔からの慣習です。しかし最近は礼金ゼロの物件も増えています。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。法的には〇〇円と決まっていないので、会社によって金額が異なります。仲介手数料無料の会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
火元が自分でない火事でもらい火をした場合でも火元の住民に賠償を求めることはできません。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。
しかし最近は連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

このような費用がかかります。
ほかにもカーテンや照明器具は引っ越し当日にないと大変不便ですので、入居の前に買っておきましょう。

 

 

引越しの大まかな手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はすることが多くて途中で挫折しそうになりますが、だいたいの手順を知っておくと無駄な動きが少なくて済みます。
ぜひ一度ご確認ください。

 

引越し業者への見積もりは新居が決まってすぐというタイミングがオススメです。
新居の情報がないと正確な金額が算出できないのです。

 

・次に荷造りですが、普段使わないものから梱包しましょう。
もし不用品があったら、引越し前に処分して荷物を減らした方が引越し費用が安くて済みます。
フリマアプリなどに出品しても売れるまでに時間がかかりますから、早めに動きましょう。

 

市外へ引越しする場合は、引越しの2週間前から転出届を出すことができます。
うっかり忘れて転出届を出さずに引越しすると、後から提出しに前の市町村役場に戻るか、連絡して書類を送ってもらうなどの手間がかかるようになります。
他にも役所関係の国民健康保険や年金、児童手当の手続きもしておきましょう。

 

・電気、ガス、水道などは引越し日までの料金を日割りで精算してくれますので、手配しておきましょう。
方法は会社によって異なりますので、電話で確認してください。
ガスは安全のために引越し日に立ち合いで元栓を閉める作業があることがありますので、時間を聞いておくと良いですね。

 

・郵便物も引越しさせなければなりません。
最寄りの郵便局で「転居届」を提出しておけば1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
転居届とともに身分証明書や前の住所が記載されたハガキなどが必要です。

 

・引越し当日、荷物の移動は引越し業者にお任せください。家具や家電の配置は指示してください。
ただ、引越し業者が運べない荷物があります。
現金・貴金属・通帳・印鑑・高級品や、パソコンのデータ・遺影など財産やとても大切なものは自分で管理しましょう。

 

・市外引越しなら「転入届」、市内引越しなら「転居届」を新居に最寄りの役所に提出しましょう。

 

・最後に運転免許証やパスポートなどの身分証、各種保険や銀行、クレジットカードなどの住所変更をしてください。

 

大変ですがコツコツと頑張ってくださいね。

 

 

引越し業者の行う有料オプション

 

引越し業者 オプション

 

引越し業者には別料金で行っているオプションサービスがあります。
有料オプションサービスは次のようなものがあります。

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

エアコンの移設は引越し前と後の2回電気屋さんに来てもらう必要があるため、手配が面倒なのです。
これを引越し業者が代行してくれます。

 

虫が苦手な方には消毒・殺虫サービスがオススメです。

 

実はピアノは高価で重いので、どこの引越し業者でも扱っているものではないのです。
ピアノの輸送・ピアノの調律はオプション扱いになりますから、ピアノをお持ちの方はご注意ください。

 

バイクや車の陸送サービスは、運転が苦手な方や体力がない方、小さなお子さんがいる方など自力で遠距離を運転出来ない方には本当に助かるサービスです。

 

今どきなのが盗聴器の発見サービスです。

 

最近の盗聴器はコンセント一体型だったりするので、自力で発見するのは難しいです。
前の住人がターゲットだったとしても気持ちのいいものではないので、気になる方は調べておくと良いですね。

 

このように様々なオプションサービスを行っています。

 

 

引越しと粗大ゴミ

 

粗大ゴミ 引越し

 

引越しはいらない粗大ゴミを断舎離するチャンスです。
新居に運んでしまうとさらに捨てにくくなるので、引越しの前に処分してしまいましょう。

 

粗大ゴミの定義は、一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるものです。
またガスコンロやオーブンレンジ、石油ファンヒーターや石油ストーブは大きさに関係なく粗大ゴミです。

 

そして粗大ゴミの中にも家電リサイクル法に定められた家電は扱い方が異なります。

 

家電リサイクル法で定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です

 

そしてこれらのリサイクルにはリサイクル料がかかります。
もしこれらの家電を買ったお店が近くにない場合やすでに廃業している場合は、お住いの自治体のリサイクルセンターに相談してみましょう。

 

リサイクルセンターの名称は自治体によって異なります。

 

ではほかの粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
廃棄する方法はA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

A:回収に来てもらう(有料)

 

まず粗大ごみ処理施設に電話をして回収してもらえる日を予約します。
その後、コンビニやスーパーで販売している粗大ごみシールを買います。

 

このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれます。
シールは回収手数料なので、粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

B:自分で持って行く(無料)

 

まずは粗大ごみ処理施設電話で予約します。
捨てたい物の名前を聞かれますので、言い忘れのないように先にメモを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
身分証を確認後、車の計量、粗大ごみを廃棄したのち、再び車の計量をして廃棄された粗大ごみの量を計算します。
100kgを超える場合は手数料がかかることがあります。
この場合はごみシールは必要ありません。